大鹿さくら組 大鹿村大河原817

イメージ写真 イメージ写真 イメージ写真



大鹿村は、長野県内でも古くからのブルーベリーの生産地です。冬場に剪定され畑に山積みされたブルーベリーの枝をどうにか活用したいとの思いから、草木染に利用しました。
ワイン系の色味は7年目でようやく納得のいく色に仕上がったものです。草木染の世界の奥深さを装って頂きたいと思います。


大鹿さくら組の草木染は、染付・天日干し・晒しと4回~5回の工程を重ねて色を定着させています。
また、草木染による色合いは季節の温度や湿度に大きく影響され、春の時期に染めたものはオレンジ系~金茶色となり、夏に染めるとワイン系になるなど、季節により異なるのが魅力です。