三遠南信地域の酒蔵
三遠南信地域の酒蔵マップ 地図上のアイコンを押すと、酒蔵が紹介されます。


小野酒造店の銘柄のひとつ「頼母鶴」は、小野酒造店のある辰野町小野地域の古くからの呼び名である、「頼母(たのも)の里」、「憑(たのめ)の里」に由来します。平安時代の随筆「枕草子」や、鎌倉時代の和歌集「夫木和歌抄」にもこの地名が登場し、豊かな自然に恵まれた歴史と文化の宿場町として知られており、現在もその街並みが残ります。小野酒造店はこの地で、長野県や兵庫県産の酒米を使用し、伝統の味を守り続けています。
なお、小野酒造店では試飲コーナーがあります。
直接お問合せの上、お訪ねください。(電話:0266-46-2505)


お酒紹介(「夜明け前」純米吟醸 生一本)


島崎藤村の「夜明け前」にちなんで名づけられたお酒です。藤村の父は国学者で、この地を訪れ国学者と交流を深めたそうです。華やかな香りとしっかりとした味わいが特徴です。