三遠南信地域の酒蔵
三遠南信地域の酒蔵マップ 地図上のアイコンを押すと、酒蔵が紹介されます。


飯田市中心街の背後にそびえる風越山の麓には、環境省が選定した「名水百選」に選ばれている「猿庫の泉」(さるくらのいずみ)という水が湧き出ています。この湧き水は、江戸時代に不蔵庵龍渓(ふぞうあんりゅうけい)という茶道家がお茶に適した水を探していたところ、天竜川下流の水の味に惹かれ、川を遡って発見したといわれています。飯田・下伊那地方唯一の酒蔵である喜久水酒造では、この水と長野県産の米を使用し、この土地独自の酒を造っています。
喜久水酒造には、「翠嶂館」というショールームがあり、酒造工程のVTR鑑賞や、主要銘柄の試飲・購入ができます。詳しくは直接お問い合わせください。(電話:0265-22-2300)


お酒紹介(純米吟醸酒 猿庫の泉)


長野県内で生産された酒米、「美山錦」のみを使用してつくられたお酒で、長野県の原産地呼称制度に認定されています。上品・さわやかなでフルーティな吟醸の香りと軽快で芳醇な味わいが特徴です。冷やすか常温で飲むのがおすすめです。