三遠南信地域の酒蔵
三遠南信地域の酒蔵マップ 地図上のアイコンを押すと、酒蔵が紹介されます。


渥美郡福江町(現在の田原市)にあった、元田原藩主・戸田家陣屋跡の戸田家の家紋がついた井戸で酒を仕込んだことが、福井酒造のはじまりです。その後は豊橋市へ移転し、現在の酒の仕込み水は、全て酒造場内に自噴する井戸水を使用しています。この水はミネラルを多く含んでいる軟水で、厚みがあるのに飲みやすく、福井酒造の酒造りの生命線となっています。
福井酒造では、酒の販売のほか、時期によっては酒蔵の見学も可能です。詳細については直接お問い合わせください。(電話:0532-45-5227)


お酒紹介(純米吟醸酒 真)


口に入れた瞬間から広がる爽やかな優しさ、程よい酸味によるキレが調和した食中酒として最適な純米吟醸酒です。常温または冷やして飲むのがおすすめです。