井伊直虎ゆかりの地 歴史&美味探求マップ
井伊直虎ゆかりの地マップ 新野(御前崎市) 掛川城下(掛川市) 勝田(牧ノ原市)、横地(菊川市) 松源寺(高森町) 龍潭寺(浜松市) 田原城(田原市) 鳳来寺(新城市) 山吉田(新城市) 地図上のアイコンを押すと、ゆかりの地が紹介されます。

虎松(井伊直政の幼名)が、身を隠した「鳳来寺」(現 新城市)鳳来寺
直虎の許婚であった井伊直親が討ち死にしたことにより、直親の子であり井伊家に残された唯一の男児である虎松は、今川氏真に命を狙われることとなります。
しかし、今川氏一族でありながら直虎の伯父でもある新野左馬助親矩の嘆願により、なんとか生き延びることとなります。
その後、虎松は自身の後見役を次々と戦で失いますが、直虎と龍潭寺の南渓和尚により鳳来寺において保護され、その地で14歳まで過ごした後、徳川家康に仕えることとなり、井伊直政として徳川四天王の1人に数えられるまでになります。
【参考資料】武藤全裕『遠江井伊氏物語』(2010)

豊橋筆(写経筆)