井伊直虎ゆかりの地 歴史&美味探求マップ
井伊直虎ゆかりの地マップ 新野(御前崎市) 掛川城下(掛川市) 勝田(牧ノ原市)、横地(菊川市) 松源寺(高森町) 龍潭寺(浜松市) 田原城(田原市) 鳳来寺(新城市) 山吉田(新城市) 地図上のアイコンを押すと、ゆかりの地が紹介されます。

三遠南信の井伊家ゆかりの地(浜松市)龍潭寺遠州の龍潭寺井伊氏の菩提寺 「龍潭寺」
浜松市北区には、井伊氏の菩提寺である「龍潭寺」があります。
井伊氏の始まりは西暦1010年、共保(ともやす)公が龍潭寺門前の井戸のわきで誕生し産湯に使ったことから始まったと言われています。井伊氏の家紋は、共保公が後に井伊谷に居を構え、井戸の地上部縁に組まれた木枠「井桁」と、井戸の傍らにあった「橘」を紋にしたと伝えられています。
戦国末期、龍潭寺南渓和尚の計らいで、井伊直政の後見人となった直虎は、井伊家受難の時代を救った女領主として語り継がれています。
【参考資料】武藤全裕『遠江井伊氏物語』(2010)

浜名湖うなぎ の刺身 贈答用