三遠南信地域 に広がる、徳川家康ゆかりの特産品
徳川家康公ゆかりの地マップ 鯖鮨(伊豆木八幡宮) 寅童子(鳳来寺東照宮) 大福寺納豆、遠州の特産品 小豆餅(銭取のバス停) 忍冬酒(浜松市) 手筒花火(吉田神社) 地図上のアイコンを押すと、ゆかりの地が紹介されます。

寅童子寅童子のイメージ写真徳川家康公の母である於大の方が、良い世継ぎを得たいと願い鳳来寺を参拝したところ、授かったのが家康公。家康公が「寅の年、寅の日、寅の刻」に生まれると、鳳来寺の薬師如来を護る十二神将像のうち、寅童子と呼ばれる神の像のみ忽然と消え、家康が亡くなった年に元あった場所に戻っていたという逸話があります。

この逸話をもとに作られた玩具がこの寅童子。七転八倒の苦難と努力により、天下を統一し戦乱の世を鎮めた家康の人生をよく表現したこの起上がり小法師は、下記の売店でお買い求めいただけます。


鳳来山東照宮 住所:新城市門谷字鳳来寺4

関連施設

鳳来寺東照宮鳳来寺東照宮

家康公の逸話を知った徳川家光が建立を命じ、家綱の時代に落成されたと言われています。鳳来山東照宮では、お守りとして寅童子を購入できます。