三遠南信地域に広がる伝統工芸品
徳川家康公ゆかりの地マップ 地図上のアイコンを押すと、伝統工芸品が紹介されます。
産品の注文方法が紹介されている伝統工芸品は、産品紹介ページに
移動します。


注染そめは、染料を“ヤカン”と呼ばれるジョウロのような道具で注ぐことから、この名が付き、明治20~30年ごろに大阪で開発されたと言われています。江戸時代、ゆかた生産の中心は大阪・江戸(東京)でしたが、染色加工に必要となる染料や糊を洗い流す大量の水と、反物を乾かす風を求めた職人が、大正初期に浜松が染色加工に適しているとして移ってきたのが、浜松注染そめの始まりと言われています。注染は日本独自の染色技法で、表裏全く同じ色に染色でき、染料のにじみや混合によるぼかしを活かして、雅趣豊かな深みのある多彩な染色ができるのが特徴です。


関連施設


スズキ歴史館(浜松市)
織物の街・浜松となるきっかけとなった繊維産業の機械化に貢献した「鈴木式織機」が、二輪車、四輪車、船外機など多くの製品とともに浜松におけるものづくりの歴史として展示されています。