三遠南信地域に広がる伝統工芸品
徳川家康公ゆかりの地マップ 地図上のアイコンを押すと、伝統工芸品が紹介されます。
産品の注文方法が紹介されている伝統工芸品は、産品紹介ページに
移動します。


森山焼は、創始者の中村秀吉氏が瀬戸焼を再興した加藤藤四郎(民吉)の話に感銘を受け、陶器に適した土がとれる森山の地へ志戸呂(静岡県島田市金谷)から陶芸家を招き、明治42年に陶業を始め、静岡県森町森山という地名から森山焼と名づけられました。その後、少しずつ名を高めていき、大正4年(1915)天皇即位奉祝のために花瓶と置物を献上したところ御嘉納となり、当時としては破格の感謝状を与えられました。現在は4つの窯元があり、それぞれ特色のある作品を生み出しています。ぜひ現地に赴き、現物を見てその作品に触れてください。


関連施設


森町体験の里アクティ森(周智郡森町)
森山焼の販売のほか、陶器づくりや和紙すきなどの体験メニューがあります。