三遠南信地域に広がる伝統工芸品
徳川家康公ゆかりの地マップ 地図上のアイコンを押すと、伝統工芸品が紹介されます。
産品の注文方法が紹介されている伝統工芸品は、産品紹介ページに
移動します。


信州手描友禅は江戸時代、信濃国の松代藩の城下町で武士層を対象に発展した染色技法です。手描きで繊細な模様を絹織物に染め込む染色方法で、華やかな着物などに使われます。草や木の樹皮などから煮出した天然の染料で描く信州独特の草木染友禅で、色のやさしさと信州の自然を感じさせます。ほとんどの工程が繊細で緻密な手作業であり、絵画のように描き染めていく染色技法であるため、熟練度の高い技術を必要とします。


関連施設


駒ヶ根シルクミュージアム(駒ヶ根市)
友禅に欠かせない絹織物を生み出すカイコの生態、伊那谷や日本における養蚕文化の歴史など知ることができます。